令和2年度中小企業診断士理論政策更新研修における「新型コロナウィルス感染症への対応について」

令和2年8月
一般社団法人中小企業診断協会北海道

受講者の皆様へ次のとおりお知らせいたします。

1.受講の自粛について
新型コロナウイルスに感染している方または濃厚接触者の方、発熱または風邪の諸症状のある方、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航または当該在住者との濃厚接触のある方などは、当日の受講を控えて頂きますようお願いいたします。

2.検温の実施について
研修会場へ向かう前にご自宅において検温を行ってください。その際に、発熱、咳等の風邪症状のある方については、受講を自粛してください(上記1.参照)。
会場に来られた場合でも、咳を繰り返す等の体調不良が見られた場合には、受講の中止・帰宅をお願いすることがあり得ますので、あらかじめご了承下さい。

当日、会場受付において全ての受講者に対して非接触型体温計による検温を実施します。その際、37.5度以上の熱のある方につきましては、感染拡大防止のために必要な措置として受講をお断りすることとします。

3.マスク着用・手洗いについて
当日は、感染拡大防止のためマスクを着用して頂き、手洗い、咳エチケットを徹底していただきますようお願いいたします。

4.会場の受付について
会場受付の密集を避けるため、会場事務局の案内に沿って受付を行ってください。

5.会場の換気
研修会場は、換気のため適宜、窓やドアを開放します。気温が高い日などは熱中症対策として水分補給を行うなど体調管理には十分にご注意下さい。

 

コロナ対策(受講者への通知2020.8.2)